September 26, 2019 / 10:48 PM / in 18 days

米半導体マイクロン、さえない利益見通しで時間外に株価急落

[26日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジー(MU.O)が26日発表した第4・四半期(6─8月)決算は、同社の純利益が5億6100万ドル(1株当たり0.49ドル)と前年同期の43億3000万ドル(同3.56ドル)から減少した。また、今四半期の調整後1株利益見通しがさえず、同社株は引け後の時間外取引で6%近く急落した。

同社はメモリーチップ需要に回復の兆しがみられているものの、経済・貿易を巡る先行き不透明感に「留意」し、第1・四半期(9─11月)の調整後1株利益見通しを0.35─0.49ドルとした。リフィニティブのIBESデータによるアナリストの予想平均は0.48ドルだった。

第4・四半期の売上高は42.3%減の48億7000万ドルで、アナリストの予想平均(45億7000万ドル)を上回った。

特別項目を除く1株利益は0.56ドル。アナリストの予想は0.49ドル。

スマートフォン市場の飽和を背景に低迷する半導体メーカーは、米中貿易戦争の長期化によって打撃を受けている。とりわけトランプ米政権による中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への制裁が影響を及ぼしている。

マイクロンはファーウェイへのチップ出荷を一部再開したものの、制裁が継続され、追加の出荷を可能にする承認が下されなかった場合、今後数四半期に同社の販売状況は悪化する可能性があるとしている。

「さらに製品を出荷するため、米商務省に出荷への承認を申請しているが、これまでのところ承認に関する決定はない」という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below