for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米マイクロソフト、陸軍からARヘッドセット受注 219億ドル相当

 3月31日、米マイクロソフトは、米陸軍から拡張現実(AR)ヘッドセットの納入契約を受注したと発表した。ニューヨークで2015年7月撮影(2021年 ロイター/Mike Segar)

[31日 ロイター] - 米マイクロソフトは31日、米陸軍から拡張現実(AR)ヘッドセットの納入契約を受注したと発表した。広報担当者よると、契約の期間は10年で、規模は最大218億8000万ドル。米国内で製造する。

受注したのは、コンピューター画像を3次元(3D)で見ることができる同社の眼鏡型ホログラフィックレンズ「ホロレンズ」と、クラウドサービス「アジュール」を使った機器。

マイクロソフトはこの2年間、陸軍と協力して試作品の開発を進めてきたが、陸軍が生産段階に入ったという。

マイクロソフトは米国防総省から「JEDI(ジェダイ)」と呼ばれる100億ドル規模のクラウド事業も受注しているが、アマゾン・ドット・コムが事業の選定を巡って訴訟を起こしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up