March 6, 2018 / 2:00 AM / 5 months ago

米マイクロソフト、政府機関向けクラウドサービスを強化

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米マイクロソフト(MSFT.O)は5日、クラウドサービス「アジュール」の機能を改善し、連邦政府や地方政府などの顧客の利便性を高めると発表した。アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)との競争激化に対応する。

 3月5日、米マイクロソフトは、クラウドサービス「アジュール」の機能を改善し、連邦政府や地方政府などの顧客の利便性を高めると発表した。写真は同社のロゴ。ロサンゼルスで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

サーバーなどのシステムを使用者が管理する施設内に設置して運用するオンプレミス型のサービス「アジュール・スタック」と、政府機関向けサービス「アジュール・ガバメント」を統合。今年半ばからサービス提供を開始する。軍事作戦や在外公館などオンプレミス型サーバーが欠かせない政府機関への売り込みを図る。

調査会社カナリスのまとめによると、クラウド・コンピューティングの市場規模は今年は昨年比36%増の747億ドルに拡大する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below