for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシアと北朝鮮、コロナワクチン研究にサイバー攻撃=マイクロソフト

米マイクロソフトは13日、ロシア政府や北朝鮮政府とつながりが疑われるハッカー集団が、新型コロナウイルス感染症ワクチンと治療薬を開発している世界中の製薬会社や研究機関などを標的にサイバー攻撃を仕掛けていたと明らかにした。米国のコロナ研究施設。5月撮影(2020年 ロイター/Bing Guan)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米マイクロソフトMSFT.Oは13日、ロシア政府や北朝鮮政府とつながりが疑われるハッカー集団が、新型コロナウイルス感染症ワクチンと治療薬を開発している世界中の製薬会社や研究機関などを標的にサイバー攻撃を仕掛けていたと明らかにした。

マイクロソフトによると、ロシアのハッカー集団「ファンシーベア」のほか、マイクロソフトが「ジンク(Zinc)」「セリウム(Cerium)」と呼ぶ北朝鮮のハッカー集団が、カナダ、フランス、インド、韓国、米国の製薬会社やワクチン開発者を含む7つの対象にサイバー攻撃を仕掛けていた。

大部分は攻撃の失敗したものの、一部は成功。ただマイクロソフトは成功した件数を公表しなかった。攻撃を受けた機関などの詳細のほか、攻撃の日時などの情報も公表していない。

在米ロシア大使館はこれまでも疑惑を否定しているが、ロイターの取材に対し「何も付け加えることはない」と電子メールで回答。北朝鮮の国連代表団からコメントは得られていない。北朝鮮もこれまでサイバー攻撃の疑惑を否定している。

マイクロソフトのトム・バート副社長(顧客セキュリティー・トラスト担当)は声明で、ブラッド・スミス社長がオンライン形式で開催される「パリ平和フォーラム」で世界各国の首脳に対し、医療保健機関を国際法で守り、法律の施行に向けた対策を取るよう呼び掛けると明らかにし、これに合わせて今回の発表を行ったと説明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up