for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト、ゲイツ氏の過去の社内不倫を調査

米マイクロソフトは17日、創業者ビル・ゲイツ氏が約20年前に女性社員と不倫関係にあったという告発を2019年後半に受け、内部調査を行っていたことを明らかにした。写真はゲイツ氏。2018年4月撮影(2021年 ロイター/Charles Platiau)

[17日 ロイター] - 米マイクロソフトは17日、創業者ビル・ゲイツ氏が約20年前に女性社員と不倫関係にあったという告発を2019年後半に受け、内部調査を行っていたことを明らかにした。

マイクロソフトの広報は声明で、外部の法律事務所の支援を受け、調査が行われたと説明した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は16日、関係筋の情報として、マイクロソフト取締役会はゲイツ氏の女性社員との関係は不適切で、退任すべきとの考えを示したという。

ゲイツ氏は20年にマイクロソフトの取締役を退任。ゲイツ氏の退任が取締役会の決定だったかどうかについて、マイクロソフトの広報はコメントを控えている。

ゲイツ氏の広報担当は、ゲイツ氏が取締役を退任する決定は女性社員との関係とは何ら関係はないと説明。「不倫関係は約20年前に友好的に終わった」とし、「ゲイツ氏は慈善活動により多くの時間を費やしたいと表明している」と述べた。

ゲイツ氏とメリンダ夫人は3日、離婚を発表。ツイッターへの投稿で「人生の次の段階で夫婦として共に成長できるとはもはや思えない」として、27年の結婚生活を終える決断をしたと明らかにしていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up