for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウィンドウズ10の利用者2.7億人に=米マイクロソフト

 3月30日、米マイクロソフトは、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」のアクティブユーザー数が昨年7月のリリースから8カ月を経て2億7000万人に達したと明らかにした。写真はニューヨークで昨年7月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[サンフランシスコ 30日 ロイター] - 米マイクロソフトMSFT.Oは30日、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」のアクティブユーザー数が昨年7月のリリースから8カ月を経て2億7000万人に達したと明らかにした。

同社幹部のテリー・マイヤーソン氏が、サンフランシスコで開催された開発者向け年次会議で明らかにした。

機種別の利用者数は不明。マイクロソフトのOSがパソコンに占める割合は依然支配的だが、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)の割合は小さいとされる。

調査会社IDCによると、世界のスマホ市場に占めるウィンドウズの割合は今年1.6%にとどまる見通し。これに対しグーグルのアンドロイドは83%、アップルのiOSは15%が見込まれる。

マイクロソフトは昨年7月にウィンドウズ10の提供を開始。個人ユーザーによるダウンロードが1年間限定で無償であることが、急速な普及拡大の理由の一つとなっている。

マイヤーソン氏はまた、今夏にリリースされる予定のアップグレードを、ウィンドウズ10を既に利用しているユーザーに無償で提供すると明らかにした。

マイヤーソン氏はウィンドウズ10の提供開始前、同OS搭載の端末台数について、数年以内に10億台突破を目指すと述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up