July 19, 2018 / 10:39 PM / 5 months ago

マイクロソフト、4─6月業績は予想上回る クラウド大幅増収

 7月19日、米マイクロソフトの第4・四半期(4─6月)決算は、クラウドコンピューティングサービス「アジュール」やクラウド型業務ソフト「オフィス365」に対する企業の需要が拡大し、売上高と利益が市場予想を上回った。2018年3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[19日 ロイター] - 米マイクロソフト(MSFT.O)の第4・四半期(4─6月)決算は、クラウドコンピューティングサービス「アジュール」やクラウド型業務ソフト「オフィス365」に対する企業の需要が拡大し、売上高と利益が市場予想を上回った。

決算を受け、マイクロソフトの株価は引け後の時間外取引で約0.9%上昇した。

売上高は前年同期比17.5%増の300億9000万ドルと、アナリスト予想の292億1000万ドルを上回った。

純利益は88億7000万ドル(1株当たり1.14ドル)で、前年同期の80億7000万ドル(同1.03ドル)から増加。特別項目を除く1株利益は1.13ドルで、予想の1.08ドルを超えた。

アジュールの売上高は89%増。クラウドコンピューティング事業はマイクロソフトの最近の成長を後押ししている。調査会社カナリスの4月時点の推計によると、アジュールは世界のクラウドインフラ市場で16%のシェアを握り、クラウドサービス提供では米アマゾン(AMZN.O)の「アマゾンウェブサービス(AWS)」に次いで第2位の地位を確保している。

インベスタープレース・ドット・コムのアナリスト、トム・タウリ氏は「この先何年も主流であり続けると予想されるクラウド事業に加え、経営執行能力を踏まえると、マイクロソフトは営業と革新に精通した企業だ」と評価した。

オフィス365を含むプロダクティビティー・アンド・ビジネス・プロセス事業の売上高は13.1%増の96億7000万ドル。アナリスト予想は96億5000万ドルだった。

ビジネス向け交流サイト「リンクトイン」の売上高は37%増。オンライン業務管理ソフト「ダイナミクス365」の売上高は61%増加した。

IT(情報技術)コンサルティング会社ハイパーストップの創業者、ジョニー・ウォン氏は、リンクトインとダイナミクス365の両サービスについて、マイクロソフトは顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドット・コム(CRM.N)に対する有力な競合になるつつあると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below