for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米マイクロソフトの10─12月期、収益が予想上回る クラウド好調

* グラフィック:tmsnrt.rs/3aUKcIs

[29日 ロイター] - 米マイクロソフトが29日に発表した第2・四半期(2019年10─12月)決算は、収益が市場予想を上回った。米アマゾン・ドット・コムと競合するクラウドサービスの「Azure(アジュール)」が引き続き伸びた。

株価は時間外取引で2.8%高の172.82ドルをつけた。

第2・四半期の売上高は369億ドル。1株当たり利益は1.51ドル。リフィニティブがまとめたアナリスト予想は売上高が357億ドル、1株当たり利益が1.32ドルだった。

クラウド部門の好調とパソコン用基本ソフト(OS)の世代交代に伴う「ウィンドウズ」の販売増が売上高を押し上げた。

アジュールの売上高の伸びは62%で、伸び率は前年同期の76%を下回った。ただ、第1・四半期の59%は上回った。

エイミー・フッド最高財務責任者(CFO)は、アジュールのサービス利用者拡大が売上高を押し上げたと説明した。

アジュールとクラウドベースのソフトなどの事業をまとめた「コマーシャルクラウド」の売上高は、前年同期の90億ドルから125億ドルに拡大した。

クラウド事業の収益率の目安となる同部門の売上高総利益率は67%で、前年同期の62%から上昇した。

アズールを含めた「インテリジェント・クラウド」部門の売上高は27%増の119億ドル。市場予想は114億ドルだった。ビジネスに特化したSNS「LinkedIn」などを含む「プロダクティビティー・アンド・ビジネス・プロセス」部門の売上高は118億ドルで、予想の114億ドルを上回った。

ウィンドウズを含む部門の売上高は132億ドル。予想は128億ドル。ここ1年、ウィンドウズの販売は、インテルからのパソコン向け半導体の供給不足の影響を受けていたが、インテルは先週、メーカーへの供給に関する問題のほとんどは解決したと明らかにした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up