Reuters logo
ベイルートで連続自爆、43人死亡 「イスラム国」が犯行声明
2015年11月13日 / 01:13 / 2年前

ベイルートで連続自爆、43人死亡 「イスラム国」が犯行声明

[ベイルート 12日 ロイター] - レバノンの首都ベイルート郊外の住宅地で12日、2件の自爆攻撃が相次ぎ、少なくとも43人が死亡、240人以上が負傷した。現場はイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」の拠点地区で、スンニ派の過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。

 11月12日、レバノンの首都ベイルート郊外の2件の自爆攻撃が相次ぎ、「イスラム国」が犯行声明を出した。事件現場の様子(2015年 ロイター/Khalil Hassan)

ヒズボラはアサド政権を支援するため、シリアに数百人規模で戦闘員を派遣。「イスラム国」などのスンニ派武装組織との戦闘を繰り広げている。

治安関係者によると、2件の爆発は同日夜、ほぼ同時に発生。周辺は商店や住宅のほか、ヒズボラが運営する病院もある地区だという。

「イスラム国」は事件後、インターネット上に声明を発表し、組織のメンバーが爆発物を積んだバイクを爆発させたと主張した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below