Reuters logo
イラクで放射性物質盗難、昨年11月に南部の施設から=IAEA
2016年2月17日 / 22:53 / 2年後

イラクで放射性物質盗難、昨年11月に南部の施設から=IAEA

[バグダッド 18日 ロイター] - イラク南部のズバイルに保管されていた放射性物質が昨年11月、何者かに盗まれていたことが分かった。国際原子力機関(IAEA)によると、イラクはこの件を11月にIAEAに報告したが、捜索のための支援は要請していない。

2月17日、イラク南部のズバイルに保管されていた放射性物質が昨年11月、何者かに盗まれていたことが分かった。写真は米カリフォルニア州アナハイムの施設で撮影された放射性物質を示すサイン(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

IAEAによると、盗まれたのはカテゴリー2に分類される放射性物質で、取り扱いを誤って人が数時間から数日にわたって接近した場合、死に至る可能性もあるという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below