Reuters logo
イラク政府、クルド自治政府に住民投票の無効化要求 孤立へ圧力
2017年9月28日 / 06:26 / 1ヶ月後

イラク政府、クルド自治政府に住民投票の無効化要求 孤立へ圧力

[バグダッド/エルビル(イラク) 27日 ロイター] - イラク北部のクルド自治政府の独立機運が高まる中、イラク中央政府は自治政府を孤立させるための圧力を強めている。

 9月27日、イラク北部のクルド自治政府の独立機運が高まる中、イラク中央政府は自治政府を孤立させるための圧力を強めている。写真は26日、イラクのドホークで独立を支持する住民たち(2017年 ロイター/)

自治政府で25日実施された独立を問う住民投票の最終結果が27日公表され、独立賛成派が93%近くに上り、反対派(7.3%)を圧倒したことが分かった。選挙当局によると、330万人以上が投票し、投票率は72%だった。

イラク中央政府は27日、自治政府に対し、対話に応じる条件として住民投票を無効とするよう求め、自治政府内の国際空港の管理を引き渡すことも要求。自治政府側はこれらの要求を拒否した。

中央政府や周辺国、欧米諸国の反対にもかかわらず、自治政府が住民投票を強行したことで、新たな地域紛争の勃発が懸念されている。

投票実施を受け、イラクの軍事使節団は軍事協力のため隣国イランに派遣された。国内にクルド人が居住し、独立運動の飛び火を恐れるイランとトルコはすでにイラクのクルド自治政府との国境地帯で合同軍事演習を開始している。

イラク中央政府は外国政府に自治政府の主要都市エルビルにある在外公館の閉鎖を要求。

イラク航空当局は27日、自治政府内のエルビルとスレイマニヤに到着する国際線の運航停止を要請し、外国航空各社はこれに応じている。

イラク議会は中央政府のアバディ首相に対し、クルド人居住地域にあるキルクーク油田を掌握するため、軍隊を派遣するよう要請した。

*イラク周辺のクルド人居住地域 tmsnrt.rs/2gq0Gk4

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below