April 12, 2018 / 10:07 AM / 6 months ago

英国、シリア対応は証拠に基づき慎重に検討=EU離脱担当相

[ロンドン 12日 ロイター] - 英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は12日、化学兵器使用の疑惑があるシリアへの対応についてまだ結論に達していないと述べた。また、いかなる対応であっても証拠に基づき、非常に慎重に検討していくとの見解を示した。

 4月12日、英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は、化学兵器使用の疑惑があるシリアへの対応についてまだ結論に達していないと述べた。写真はブリュッセルで3月撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

デービス担当相は「シリアの状況は恐ろしく、化学兵器の使用は世界中が阻止しなければならないものだ」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below