February 14, 2020 / 4:33 AM / 2 months ago

ブログ:最後の拠点陥落から1年、「イスラム国」生存者は今

[カーミシュリー(シリア) 12日 ロイター] - イスラム国(IS)最後の拠点が陥落してから1年近く。シリア北東部の刑務所・収容キャンプでは、ISに所属していた子どもを含む数千人の男女が、今も先の見えない不安な暮らしを送っている。

 2月12日、イスラム国(IS)最後の拠点が制圧されてから1年近く。シリア北東部の刑務所・収容キャンプでは、ISに所属していた子どもを含む数千人の男女が、今も先の見えない不安な暮らしを送っている。写真はISに所属していた容疑で刑務所に収容された外国人。1月7日、シリアのハサカで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

カーミシュリー市周辺の地域は、イスラム主義武装グループISを打倒する際に戦功のあったクルド人武装勢力がもっぱら支配している。IS打倒後、クルド人武装勢力は、彼らを安全保障上の脅威とみなしているトルコ主導の勢力により、シリア北東部の狭い地域に押し込められてしまったのだ。

イスラム国に所属していた容疑で収容され、監獄で横になる外国人たち。1月7日、シリアのハサカで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

クルド人武装勢力は、IS崩壊後に捕虜になった人々に対応するという重荷を引き受けることになった。捕虜たちのなかには、中東地域に自称「カリフ国」を樹立するために現地戦闘員とともに戦った数百人の外国人も含まれている。

外国人を収容する房を開ける看守。1月7日、シリアのハサカで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

ISの戦闘員は2014年以降の全盛期に何千もの人々に拷問・処刑を行ってきた。その生き残りにどう対処するかは、対IS戦闘に参加した各国にとっては難題だ。

たとえば欧州諸国の多くは、世論の反発を恐れて、ISに参加した自国民を帰還させることを躊躇している。クルド人武装勢力のもとでシリアで捕虜になっているIS戦闘員約1万人のうち、5分の1は欧州出身者だ。

拘束したイスラム国の構成員が所持していた旅券を、クルド人当局者がみせてくれた。1月9日、シリアのルメランで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

クルド人当局者は、多数の捕虜や収容キャンプ内の家族について、適切な拘禁、取り調べ、訴追を行うだけのリソースがないと話している。彼らは、自国民を引き取るよう各国に繰り返し要請している。

「私たちに今後、どんな運命が待ち構えているのか」。シリア出身のIS戦闘員で、クルド人勢力によりカーミシュリー南方の都市ハサカ近郊の刑務所に収容されているマフムード・モハメッドさんは言う。

イスラム国の構成員だった容疑で逮捕され、刑務所の診療所で祈る外国人。1月7日、シリアのハサカで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

「シリア国内であれ国外であれ、家族が生きているのか死んでしまったのかも分からない。自分にどのような刑罰や運命が待っているのかも知りたい」とモハマッドさんは訴えた。

ロイターは許可を得て刑務所を訪問し、クルド人治安部隊による手配・監視のもとでインタビューを行った。

アブ・ハムザという偽名を使っていたモハマッドさんは、ロイターが2カ所の刑務所で行ったインタビューに応じた9人のうちの1人だ。刑務所の一方はハサカ近郊、他方はハサカ中心部にある。

ハサカの刑務所で佇む外国人収容者。1月7日、ハサカで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

ほとんどはシリアかイラクの出身で、米国出身者が1人、ベルギー出身者が1人いた。

戦闘員だったという人もいれば、ISがシリア・イラク両国にまたがる領域を獲得した際に、同グループのために働くよう拉致されたという人もいる。

「非戦闘員として(ISで)働いていた」と語るのは、ラッカ出身の32歳、アブドゥラフマン・ムスタファ・アル・ジョマーさん。彼はハサカ中心部の刑務所に拘禁されている。

イラク人、シリア人の収容者。1月11日、シリアのハサカで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

「禁固2年の刑を宣告された。結婚して、子どもが2人いる。家族はラッカに住んでいて、面会に来てくれる」。

ハサカ近郊の刑務所は、捕虜の増加に対応するために、かつて学校として使われていた施設を改装したもので、ハサカ中心部の刑務所に比べてひどく劣悪な環境だ。

刑務所内の診療所で診察を受ける外国人収容者。1月7日撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

ロイターの記者たちは、1つの監房に男性の収容者50人以上がスシ詰め状態で横になっており、ほとんど動く余地もないのを目撃した。自然光は最小限しか射しこまず、空気は汗と埃の臭いでよどんでいる。

1階には病室があり、100人ほどの男性収容者が病気や怪我の苦痛に耐えつつ、人数の半分ほどしかないベッドにひしめき合っている。中には、ISが処刑する前の捕虜によく着せていたオレンジ色のつなぎを着ている者もいる。

刑務所以外にも、この地域では女性・子どもを中心とする数千人が収容キャンプに拘束されている。

アルハウル難民キャンプで水を運ぶ子供たち。1月8日、シリアで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

最も規模が大きいのはハサカ県のアル・ホル(al-Hol)の施設で、白いキャンバス地のテントが広がる収容キャンプに数万人を拘束している。このテントでは、冬の寒さや雨をしのぐのがやっとである。

子どもたちは、収集された塵芥が野ざらしになっている埃っぽい道や大きな水たまりで遊んでいる。女性たちは黒いローブと顔を隠すベールを身にまとい、小人数のグループで歩き回り、お喋りをしながら、日々の雑用をこなしている。

ロイターの記者がインタビューを試みて近づくと、ほとんどの女性は拒絶し、罵声を浴びせる人もいた。

難民キャンプにいた少年。1月10日、シリアのal-Rojで撮影(2020年 ロイター/Goran Tomasevic)

取材に応じてくれた1人の女性は名前を明かさないまま、ぎこちない英語で、もともとは香港出身だがイスラム国に参加するために中東に来た、と語った。

よちよち歩きの息子を連れた彼女は、「子どもが1人。夫はバグズで死亡した」と言う。バグズはシリア東部、イスラム国の最後の拠点となった町で、昨年春、米軍の支援を受けたクルド人勢力の攻撃で陥落した。

この女性は、香港に残る家族とは連絡を取っているが、戻りたいとは思わないと話す。

「ここでの状況が非常に厳しいことは分かっている。家とは呼べず、ただのテントだ。(略)でも私たちは皆、アラー(のご意志)に従って生きている。神の思し召しなのだから、何も問題はない」。

(撮影:Goran Tomasevic、翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below