April 13, 2018 / 4:34 PM / 12 days ago

米仏英、対シリア軍事行動を主張 国連安保理が4度目会合

[国連 13日 ロイター] - 米仏英3カ国は13日、国連安全保障理事会で化学兵器使用の疑いが出ているシリアに対する軍事行動の必要性を主張した。ただ、米国のヘイリー国連大使は決定を急ぐべきではないとの見方も示した。

 4月13日、米国のヘイリー国連大使は、シリアのアサド政権が化学兵器を50回使用したとの試算を発表した。写真はニューヨークの国連本部で同日撮影(2018年 ロイター/Eduardo Munoz)

今月7日に反体制派が拠点を置くシリアの東グータ地区のドゥーマで化学兵器が使用された疑いが出ていることについて、安保理が今週に入って開いた会合は今回で4回目。

ヘイリー大使は、シリアのアサド政権が7年間にわたる内戦で、化学兵器を少なくとも50回使用したとの米政府推計を公表。「トランプ米大統領はシリアに対する行動について決断には至っていない。万一、米国と同盟国がシリアに対し行動することになれば、われわれすべてが合意する行動規範を守るものになる」と語り、「アサド政権による化学兵器使用の標準化を容認すれば、全世界の全ての人々に危害が及ぶことになる」と警告した。

フランスのドラットル国連大使は、「シリア政権は引き返すことができない所まで来てしまった。フランスはわれわれの集団的な安全に対する容認し難い脅威を終焉させるために責任を引き受ける」と表明。

英国のピアス国連大使は「ロシアがわれわれの決議案に拒否権を行使し、シリア政権を支持していることは危険なだけではなく、過激派組織『イスラム国』が勢力を盛り返すことにつながり、最終的にわれわれの安全を脅威にさらすことになる」と述べた。

ロシアは2011年以来、シリアに対する国連安保理決議に12回、拒否権を行使している。

グテレス国連事務総長はすべての国に対し、現在のような危険な状況下で責任を持って対応するよう呼び掛けた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below