April 13, 2018 / 4:19 PM / 4 months ago

シリア内戦、化学兵器50回使用の可能性 容認すべきでない=米国連大使

[国連 13日 ロイター] - 米国のヘイリー国連大使は13日、シリアのアサド政権が7年間にわたる内戦で、化学兵器を少なくとも50回使用したとの米政府による試算を発表した。

ヘイリー大使は国連安全保障理事会の会合で「トランプ米大統領はシリアに対する行動について決断には至っていない。万一、米国と同盟国がシリアに対し行動することになれば、われわれすべてが合意する行動規範を守るものになる」と語った。

そのうえで「アサド政権による化学兵器使用の標準化を容認すれば、全世界の全ての人々に危害が及ぶことになる」と警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below