June 21, 2019 / 5:29 AM / a month ago

FAA、米航空会社による一部イラン領空の飛行を禁止

 6月20日、米連邦航空局(FAA)は、米航空会社に対し、イラン領空のうちホルムズ海峡およびオマーン湾の上空の飛行を禁止する緊急命令を発表した。写真は離陸するユナイテッド航空の航空機。チューリヒ空港で4月に撮影(2019年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[21日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は20日、米航空会社に対し、イラン領空のうちホルムズ海峡およびオマーン湾の上空の飛行を禁止する緊急命令を発表した。

FAAは、航空機追跡アプリの情報として、イランが地対空ミサイルで米軍の無人偵察機を撃墜した際、最も近い民間航空機は約45カイリ圏内にあったと明らかにし、「撃墜当時、多くの民間航空機が周辺を飛行していた」と指摘した。

FAAの禁止措置は米国外の航空会社には適用されないが、航空会社に指針を提供しているOPSGROUPは、世界の航空各社がFAAの措置を考慮するだろうとの見方を示した。

これより先、ユナイテッド航空は、イラン領空を通過する米ニュージャージー州ニューアーク空港とインドのムンバイ間の路線について、イランによる米無人偵察機の撃墜を受けて安全性を検証した結果、運航を停止したと発表した。

アメリカン航空(AAL.O)とデルタ航空(DAL.N)は20日、イラン上空を飛行する路線はないと明らかにした。日本航空(9201.T)とANAホールディングス(9202.T)もイラン上空は飛行していないとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below