July 19, 2019 / 6:34 AM / 4 months ago

イラン外務次官「無人機失っていない」、米の撃墜主張に反論

 7月19日、イランのアラグチ外務次官(写真)は、ホルムズ海峡で米艦船が、接近してきたイランの無人機を撃墜したと米政権が発表したことについて、イランはホルムズ海峡で無人機を失ったという事実はないと述べた。写真はウィーンで2015年10月撮影(2019年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ドバイ 19日 ロイター] - イランのアラグチ外務次官は19日、ホルムズ海峡で米艦船が、接近してきたイランの無人機を撃墜したと米政権が発表したことについて、イランはホルムズ海峡で無人機を失ったという事実はないと述べた。

トランプ米大統領は18日、ホルムズ海峡を航行していた米海軍の強襲揚陸艦「ボクサー」が、接近してきたイランの無人偵察機を撃墜したと明らかにした。無人偵察機は、「ボクサー」から約900メートルの距離を飛行。「離れるよう求めた複数回の警告」を無視したため破壊したという。[nL4N24J4MZ]

アラグチ外務次官はツイッターへの投稿で「われわれは、ホルムズ海峡で無人機をいっさい失っていない。わたしは、ボクサーが誤って自国の無人機を撃墜したのではないかと懸念している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below