July 8, 2019 / 5:49 PM / 16 days ago

仏大統領の首席外交補佐官、イラン訪問へ 緊張緩和目指す

[パリ 8日 ロイター] - フランス大統領府の高官は8日、米・イラン間で高まる緊張の緩和に向け、マクロン大統領の首席外交補佐官が9─10日にイランを訪問すると発表した。

イラン原子力庁の報道官はこの日、ウランの濃縮度が2015年の核合意で定められた上限(3.67%)を超過したと発表、濃縮度をさらに上げる可能性があると表明した。

仏高官は「現在のような危機的な状況において、過度の緊張状態を交渉に向かわせる中間点を見いだすことが重要で、フランスはそれを目指している」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below