July 8, 2019 / 5:09 PM / 7 days ago

米副大統領、核巡りイランけん制 「米国民と利益守る用意」

7月8日、ペンス米副大統領は、イラン核問題を巡り両国の緊張が高まる中、米国には中東地域で米国民と自国の利益を守る用意があると言明した。インディアナ州インディアナポリスで4月撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 8日 ロイター] - ペンス米副大統領は8日、イラン核問題を巡り両国の緊張が高まる中、米国には中東地域で米国民と自国の利益を守る用意があると言明した。

ペンス副大統領は演説で「イランは、米国の自制を決断の欠如と勘違いすべきでない」とけん制。「われわれは最善の結果を期待しているが、米国と米軍は中東で米国の利益や要員、国民を守る用意がある」と言明した。

米政権は制裁を通じイランへの圧力を継続するとし、トランプ大統領は「イランが核兵器を取得することは決して容認しない」と述べた。

イラン原子力庁の報道官はこの日、ウランの濃縮度が2015年の核合意で定められた上限(3.67%)を超過したと発表、濃縮度をさらに上げる可能性があると表明した。

ペンス副大統領の演説原稿には「米国はイランとの戦争を求めていない。われわれは対話に前向きだ。しかし、米国が引き下がることはない」という言及があったものの、実際の演説からは削除された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below