June 13, 2019 / 9:27 AM / 6 days ago

日本のタンカーなど2隻、オマーン湾で攻撃受けたもよう=関係筋

[ドバイ 13日 ロイター] - 海運業界の複数の関係筋は13日、オマーン湾でタンカー2隻が攻撃を受けたとみられると明らかにした。乗組員は避難したという。先月には同地域でタンカー4隻が攻撃を受けている。

バーレーンに司令部を置く米海軍第5艦隊が救難信号を受信し、救援活動を行っているという。英国海軍商船隊司令部は、調査を行っているとしている。

詳細については現時点では明らかになっていない。

域内ではかねてより、イランの核問題を巡って同国と米国の緊張感が高まっていた。今回の攻撃の報道を受けて域内では一段と動揺が広がり、原油価格LCOc1は4%急伸した。

オマーン湾は、中東の産油国から世界の消費量の5分の1の原油が運ばれるホルムズ海峡の入り口に位置する。

オマーンまたはアラブ首長国連邦(UAE)の当局による確認は取れていない。

国土交通省の海事局安全政策課は、国華産業(東京都千代田区)が運航するケミカルタンカー「コクカ・カレイジャス」(船籍パナマ)が被弾したと発表した。

ベルンハルト・シュルテ・シップマネージメントは13日、同タンカーがサウジアラビアからシンガポールに向けて航行中に、「攻撃が疑われる状況で」船体に損傷を受けたと明らかにした。

台湾のCPCは、ノルウェーのフロントライン(FRO.OL)が所有するタンカー「フロント・アルタイル」が0400GMT(日本時間午後1時)ごろ「魚雷により攻撃されたとみられる」と明らかにした。同タンカーは、UAEから7万5000トンのナフサを運んでいたという。

国営イラン通信(IRNA)によると、「フロント・アルタイル」はその後沈没した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below