June 14, 2019 / 8:13 AM / 8 days ago

コラム:ホルムズ海峡緊迫、真のリスクは「制御不能」の危機

[ロンドン 13日 ロイター] - イランとオマーンの間に位置する海上交通の要衝ホルムズ海峡は、かつてこの地に存在したホルムズ王国が名前の由来だ。この狭い海峡は、1979年のイラン革命以来、原油トレーダーの関心を一手に集め続けている。

イランはこれまで、敵対国の輸送船に対して海峡を閉ざすとたびたび脅し、米国やその同盟国は、必要とあれば武力行使で海峡の交通を維持し、航行の自由を確保すると反発してきた。

この海峡は、中東全体の対立、そしてイランに対抗する米国とサウジアラビアの火種の象徴となっている。

海峡の入り口のすぐ南のオマーン沖で13日、日本の石油タンカーを含む2隻が攻撃を受けて立ち往生し、イランと米国の対立が新たな局面に突入するのではとの懸念が広がった。

「ホルムズ海峡は、石油輸送では世界で最重要の難所である」と、米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は指摘する。

世界で海上輸送される原油や原油製品の約30%が毎年この海峡を通過しており、もし閉鎖されれば、世界の原油供給が大打撃を受ける。

1980─88年のイラン・イラク戦争当時は、両国ともに石油タンカーを標的にした。イラクはペルシャ湾北部に位置するイランのハールク島で原油を積み込み中の船を攻撃し、イランはさらに南の海峡内で船を攻撃した。

この「タンカー戦」では、米英に加え他の数カ国が、地域の中央部や南部の輸送を守ると表明し、護送船団を組織した。

海峡自体の最も狭い場所は幅約34キロだが、タンカー航行は一方向の幅約3.2キロという狭い輸送レーンに限定されており、衝突リスクを抑えるために航行間隔を開ける仕組みが導入されている。

回避行動を取る余地が限られているため、ゆっくりと進むタンカーの交通は、両岸や海峡内の敵船からの攻撃に一層脆弱になる。

現実的には、前述のタンカー戦で示されたように、衝突の舞台は海峡だけでなく、ペルシャ湾全域とすぐ隣のオマーン湾、アラビア海や南の紅海にまでまたがるものだ。

<チョークポイント>

イランが敵側の船を攻撃するやり方は、機雷や沿岸からのミサイル砲撃、潜水艦や海軍艦船、そして、精鋭部隊である革命防衛隊が使う機動力に富んだ小型船など、多岐にわたる。

タンカー戦では、実際に大半の損傷を与えたのは機雷や短距離地対艦ミサイル「シルクワーム」、そして携行式ロケット弾や銃撃を伴う高速ボートによる攻撃だった。

イラン側の脅しや、また同国の海峡封鎖能力についての大量の分析にもかかわらず、イランが数日もしくは数週間以上、海峡の海上輸送を封鎖できる可能性は低い。

海峡を封鎖しようとすれば、米国やその同盟国はこれを武力侵略とみなし、圧倒的な軍事的対応に出るだろう。

中東地域で米国が抱える空海軍力の優位を考えれば、米軍は沿岸からのミサイル攻撃や海上や潜水艦、高速艇による攻撃を封じることができるだろう。

米国やその同盟国に再び船団を護衛する意志があることを前提にすれば、イランは、米海軍の艦船との直接衝突を招くことなく護送タンカーを攻撃することはできないだろう。

<衝突拡大>

本当の問題は、ホルムズ海峡での武力衝突が、複数の他の地域にまたがる米国とイランの広範な衝突に拡大する可能性があることだ。

例えば、イエメンやサウジ東部、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、イラク、シリア、アフガニスタンやさらに外にある国のほか、イラン国内でも、衝突が起きる可能性がある。

ホルムズ海峡での武力衝突に対する懸念とは実際には、米国やその同盟国とイランとの対立が、制御できないほど拡大することに対する恐れに他ならない。

現段階では米国は公式に、制御された段階的拡大を約束しており、イランに核開発や他の問題で交渉に応じるよう圧力をかけるため徐々に経済制裁を強める戦略を取っている。

米政府高官は、欧州やロシア、中国の当局者に対し、経済制裁の計画的強化が、軍事衝突に代わる重要な選択肢だと説明していた。

米外交官は、このやり方を「強制外交」と呼び、懐疑的な国に対しては、戦争かこのやり方かの選択だと表明している。

(2003年のイラク戦争開戦前の1990年代に米国がイラクに行った制裁は、強制外交が戦争の代替手段か、それとも武力衝突の前触れかについて、恰好のケーススタディの材料となっている。)

だが強制外交が制御不能な拡大に陥らないためには、圧力の程度を綿密に調整する必要がある。

<火薬庫>

米国は5月、イラン産原油の輸入国に対する制裁の例外措置を全て撤廃し、経済的な圧力を一気に強化した。現在では、イランの石油化学製品輸出を対象にすると警告している。

劇的な制裁強化に続き、イランの仕業との指摘が出ている船舶に対する一連の攻撃や、バグダッドでのミサイル攻撃が発生。米軍に対する敵対的行動に関するインテリジェンスの報告書が出て、米軍が中東地域に増派された。

2015年のイラン核合意で約束された制裁の例外措置がなくなったことを受け、イランは核プログラムを加速させ、合意で定められた他の合意事項の一部についても順守をやめると警告している。

突然の緊張悪化は、各国の一部の政策担当者を驚かせた模様で、現在では緊張緩和に向けた工作が活発化している。

米国は政権転覆を目指さないと公式に表明し、前提条件なしでの対話を提案。そして、地域米軍の増派が小規模だったことを強調した。

イラン側は、戦争は望んでいないと表明し、これまで拘束していた米国人を開放した。これらは、信頼醸成に向けた措置とみられる。

スイスやドイツ、そして日本の外交官や政治家が、米国とイランの仲介に取り組んでいる模様だ。

<コントロール>

米国の有力政治家は、大きなリスクなく思い通りにイランへの圧力を強めたり弱めたりできる「エスカレーションにおける優位」を確保したと確信しているようだ。

そうであるならば、イランにとって最善のシナリオは、対立悪化のリスクを取るよりも、米国からの圧力がいかに不快なものであっても常に受け入れることだろう。

現在のところ、米国は直接の武力衝突を避けつつ、イランへの経済的圧力を維持することにコミットしている。

これはつまり、米国が、イランは核合意のほとんどを順守し続け、軍事的な挑発を避けると計算して、同盟国に制裁維持を求めていることを意味する。また、経済的な圧力を緩めずに、軍事的な対立を解消させることを狙っていることも意味する。

だがこのように緊迫した状況では、小さな事故や事件が、国の政策担当者が予期しない方向へ事態をエスカレートさせるリスクが常に存在する。

指導者層は、常に部下や代理者、そして同盟国をコントロールできるわけではないし、望まないと強調していた紛争へと押しやられる可能性もある。

イランは、装備提供したイエメンの武装勢力を完全に掌握できていないかもしれない。米国は、イランと戦争したがっているサウジやUAE、そしてイスラエルのタカ派を完全にコントロールできてはいないだろう。

現在のように緊張が高まった状況では、米政権とイラン政府双方のタカ派が、些細な事件を契機として指導者に強硬な対応を取るよう圧力をかけかねない。

そして、ホルムズ海峡を通過するタンカーの脆弱性は、まさにそのような予期されない、制御不能なエスカレーションのきっかけとなり得るのだ。

6月13日、イランとオマーンの間に位置する海上交通の要衝ホルムズ海峡は、かつてこの地に存在したホルムズ王国が名前の由来だ。写真は2018年12月、ホルムズ海峡を通過中米空母ジョン・C・ステニスの艦上で周囲を警戒する米兵(2019年 ロイター/Hamad I Mohammed)

ホルムズ海峡は、そこを日々通過する大量の原油があるから重要なのではない。双方が「望んでいない」と主張する広範囲な衝突の契機となり得る、極めて緊張度の高い発火点だから重要なのだ。

*筆者はロイターのコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below