for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界で3.45億人が急性食料不安に直面、19年以降で2倍超=WFP

国連世界食糧計画(WFP)は24日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)、紛争、気候変動により、世界で急性食料不安に直面している人数が2019年から2倍以上の3億4500万人に膨らんだと発表した。(2022年 ロイター/Remo Casilli)

[バグダッド 24日 ロイター] - 国連世界食糧計画(WFP)は24日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)、紛争、気候変動により、世界で急性食料不安に直面している人数が2019年から2倍以上の3億4500万人に膨らんだと発表した。

コロナ危機前は1億3500万人だったという。気候変動や紛争により一段と増加すると見込まれている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up