July 20, 2018 / 8:00 AM / 5 months ago

焦点:まるで冷凍庫か犬小屋、移民が語る過酷な米収容所生活

[18日 ロイター] - 米テキサス州ラレドにある税関・国境警備局の施設に先月収容されていたとき、カレンさんと幼い息子2人はいつも寒さに震えていた。

中米ホンジュラスの暴力から逃れてきた一家は、待機部屋のマットレスもない硬い床の上で寝泊まりしていたとカレンさんは言う。リオグランデ川を渡ってきたため、衣服はまだ濡れていた。

「息子2人を一度に抱いて温めることはできない。抱けない子は寒さに耐えるしかない」

カレンさんは、親と引き離され移民当局の保護下に置かれた子どもの処遇を巡り争われている裁判で、今週提出された200超に上る宣誓陳述書の1つでこう語っている。

6月と7月に聴取された陳述書は、移民のファーストネームだけが記されているが、米税関・国境警備局(CBP)の施設での生活を知る貴重な機会を提供している。カレンさん一家のような不法移民や国境で亡命申請した人たちは、そのような施設に入れられることが多い。その後、解放されるか、長期収容所に送られる。

カリフォルニア州サンイシドロにある米税関・国境警備局の移民収容施設(2018年 ロイター/Mike Blake)

レイプして赤ちゃんを殺すと麻薬カルテルのメンバーに脅されてメキシコから逃げてきたというセラフィンさんは、カリフォルニア州サンイシドロの施設で十分な食べ物を与えられなかったと言う。

「食事が十分に取れないので、赤ちゃんに母乳を十分与えることができない」と彼女は陳述書で語っている。「娘はおなかが空いているせいでよく泣く」

メイラという名の女性は、アリゾナ州ノガレスの収容所にいたとき、親と引き離された子どもを見た9歳の息子がおびえるようになったと話す。

「息子は鎖でつながれた人を見て、私も同じ目にあうのかと聞いた」と彼女は言う。「米国にはいつ到着するのだろうと彼は不思議に思っていた。すでに米国にいると私は言わない。米国が自分たちをこのように扱うなんて信じないだろう」

<長期に及ぶ訴訟>

これら陳述書は、当時15歳のジェニー・L・フローレスさんの代理として1985年に米国政府を相手取って起こされた訴訟の原告団のために、弁護士が聴取した。1997年に成立した和解は、収容所で子どもを人道的に扱うための基準を定め、ほとんどのケースで子どもを直ちに解放するよう命じた。

原告団は今週、迅速な子どもの解放など、和解で定められた人道的扱いの基準に、陳述書で述べられた収容所の状況が違反しているとする文書を提出した。

「現在、CBPの施設に3─6日収容されている人が数多くいる」と、フローレスさんの裁判で原告側の主任弁護士を務めるピーター・シャイ氏は言う。過去数カ月は2─3日で、収容期間が延びているという。

テキサス州マッカレンにある施設前で移民の子どもの留置に反対するデモを行う女性。6月撮影(2018年 ロイター/Loren Elliott)

完全な名前が分からず、多くがいまだ収容されていることから、ロイターは直接、陳述書を提出した移民に話を聞くことはできなかった。

 7月18日、6月と7月に聴取された宣誓陳述書は、移民のファーストネームだけが記されているが、米税関・国境警備局(CBP)の施設での生活を知る貴重な機会を提供している。写真は米テキサス州マッカレン近くの国境フェンス。5月撮影(2018年 ロイター/Loren Elliott)

ロイターは移民の陳述書に関してCBPにコメントを求めたが、CBPは司法省に問い合わせるよう返答した。同省はコメントを拒否。だがCBPは過去に、施設の環境を擁護している。

フローレスさんの裁判で先月提出された報告書の中で、CBPの年少者コーディネーターのヘンリー・モーク・ジュニア氏は、「施設にいる全ての年少者が威厳と尊厳、そしてその脆弱(ぜいじゃく)さから特別な配慮をもって必ず扱われるよう」多大な努力を司法省は行っていると語っている。

モーク氏がインタビューを行った親や子どもたちは「食事や軽食、飲料水を提供され、トイレや流し台に行くことができ、適温に維持されている部屋に収容されている」と語ったという。

だが同時に、CBPは賞味期限切れの食料は必ず処分し、保護データを必ず記録するべきだと同氏は指摘している。

テキサス州マッカレンにある移民施設内部。6月撮影。米税関・国境警備局提供(2018年 ロイター)

<冷凍庫と犬小屋>

米国政府が不法入国した親子を引き離した最近の事例も含め、CBP施設の劣悪な環境を訴える声は長年、繰り返し表面化してきた。新たな陳述書は、その数の多さと内容の一貫性という点において異例である。

環境は適切だとする少数意見もあるものの、大半は、寒くて食事は少なすぎ、子どもと引き離され、十分な敷布団もない混み合った小部屋に入れられたと証言している。仮設トイレは汚れ、プライバシーもなく、また電気が昼夜を問わずついているという。

2006─2014年にCBPで国内問題を担当するアシスタントコミッショナーを務めたジェームズ・トムシェック氏はロイターに対し、施設は短期収容のためのものだと話す。

「一時的な収容施設に、想定より長期にわたり収容されていることは間違いない」

カリフォルニア州チュラビスタにある米税関・国境警備局の移民収容施設(2018年 ロイター/Mike Blake)

被収容者は一部の施設についてスペイン語で冷凍庫を意味する「イエレラ」と呼ぶ。非常に寒いからだ。また、屋内がフェンスで仕切られた広い空間は「ペレッラ(犬小屋)」と呼ばれている。

施設では、子どもたちは親とは異なる部屋に入れられることも多いことが陳述書から明らかになった。

カリフォルニア州チュラビスタの施設に収容されているレイディという名の女性は、幼い子どもたちが金属フェンス越しに親に触れようとしているのを見たと証言している。

「母親たちは子どもに手を伸ばし、子どもたちも必死で檻(おり)のフェンスから手を伸ばしていた」と彼女は言う。「でも当局者が子どもたちを引き戻し、母親たちをどなりつけた」

こうした収容場所は、CBPが書類手続きを行っているわずか数時間の間、成人を収容するために設けられており、そこに問題の原因があると、2013─14年に米移民税関捜査局(ICE)局長代理を務めたジョン・サンドウェグ氏は指摘する。

Slideshow (3 Images)

「率直に言って、子どもたちには向いていない」

(翻訳:伊藤典子 編集:山口香子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below