November 21, 2014 / 1:52 AM / 5 years ago

映画「卒業」監督のマイク・ニコルズ氏が死去

 11月19日、映画「卒業」など数々の名画の監督として知られるマイク・ニコルズ氏が死去した。83歳だった。広報担当者によると、自宅で心停止となった(2014年 ロイター/Phil McCarten)

[20日 ロイター] - 映画「卒業」など数々の名画の監督として知られるマイク・ニコルズ氏が19日死去した。83歳だった。広報担当者によると、自宅で心停止となった。

今週家族で密葬を行い、後日追悼式典を催すという。

ニコルズ氏はアカデミー賞、グラミー賞、トニー賞、エミー賞をすべて受賞。トニー賞は9回受賞している。

ドイツのベルリンで生まれ、7歳でナチスの迫害を逃れて家族で渡米。1950年代後半に喜劇役者として注目され、1967年に映画「卒業」の監督としてアカデミー賞を受賞。前年の「バージニア・ウルフなんかこわくない」、1971年の「愛の狩人」と合わせた3作は当時の「アメリカン・ニューシネマ」に大きな影響をもたらした。

1977年にはミュージカル「アニー」のプロデュースで表彰された。2012年には「セールスマンの死」のリバイバルを行うなど、最近まで活動を続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below