February 16, 2016 / 5:01 AM / 2 years ago

アングル:新技術で生き残る鉱山会社、供給過剰長期化招く皮肉

[メルボルン/バンクーバー 16日 ロイター] - 過去20年近くで最悪となっているコモディティ市況を鉱山会社が乗り切って生き残るためのコスト削減に、新たな技術が役立っている。新技術を導入しなければ破綻する恐れのあった鉱山会社には朗報だが、供給過剰に見舞われている業界全体としては、あまり喜んではいられない。

石炭から亜鉛に至るコモディティの相場は、一部が数年前の高値から8割も下落するなど、軒並み値下がりしている。この何年間も最大の消費国だった中国の景気減速が一因だ。

世界的に資源事業を手掛ける企業は、新たな技術の導入により売上高の減少に適応している。例えば生産施設の稼働状況をリアルタイムで監視するシステムや、燃料を節約する技術、安全性を向上させる技術、生産効率を改善する技術などが挙げられる。

政府のデータによると、オーストラリアの鉱山会社はコモディティ相場の急落にもかかわらず、昨年度の利益は2012年度と比べ20%の減少にとどまっている。

こうした状況から、過去の相場下落局面であれば破綻する運命にあった鉱山会社がしぶとく生き残れる体力を身に着けていることが立証された。ところがこれにより供給過剰の状況は長期化し、価格の下振れ圧力が解消されないという皮肉な構図が続くことになる。

ペンガナ・グローバル・リソーシズ・ファンドのポートフォリオマネジャー、リック・ロング氏は「より低い価格で売られるコモディティの生産が増えている。それが生産水準の硬直性を想定より幾分高めてしまうというのが問題の1つだ」と述べた。

新技術導入は、鉱山業界として設備投資を削減しようとしている流れには反する動きだ。

それでもカナダ北部の新たな金鉱山では、地下650メートルの生産現場で機器や作業員が接近すると巨大な換気装置のスイッチが自動的に入り、作業員が立ち去るとスイッチは自動で切られ、エネルギー消費の無駄を省いている。

こうしたオンデマンド型換気システムにより、カナダの産金大手ゴールドコープ(G.TO)はエレオノーレ鉱山で年間250万ドルのコストを節減、スイスの資源大手グレンコア(GLEN.L)は作業員や生産状況を管理するソフトウエアの効果もあり、カナダの銅鉱山で支出を20%超削減している。

<産金会社は投資拡大>

特に産金会社は、設備投資予算全体を削減する中でも新たな技術への投資を拡大している。豪ドルやカナダドルなど生産国通貨建ての金価格が、他のコモディティと比べて底堅く推移していることが背景にある。

    地下の鉱山現場とのデータ通信機器を製造するケベック州の企業、ニュートラックスの販売担当バイスプレジデント、チャーリー・フォレスト氏は「金相場は依然として堅調なので、顧客の半分が産金会社なのは非常に幸運だ」と語った。

    ニュートラックスは過去2年間、売上高が毎年2倍に増えている。フォレスト氏は今年も同社の売上高は倍増の見込みだと話した。

    またオーストラリア第3位の産金会社ノーザン・スター・リソーシズ(NST.AX)は資源調査会社HiSeisの技術を使って既存鉱山の近くの地下深層を探査したことで、埋蔵量が増加した。

    HiSeis社の技術は地震波を使って2次元、3次元の解析により地下資源を調査。1件当たりのコストは最大100万豪ドル(70万4000米ドル)だが、ノーザン・スターは掘削地点を的確に設定できたため、掘削の成功率が改善した。この結果、同社の開発経費は今年度、30%減少して3500万豪ドルとなった。

    一方、産金会社ダンディー・プレシャス・メタルズ(DPM.TO)は2012年、ブリガリアの鉱山で生産現場の稼働状況をリアルタイムで監視するためワイヤレス技術とソフトウエアプラットフォームの使用を開始した。同社のリック・ハウズ最高経営責任者(CEO)によると、同社のコスト削減の約15%はこの技術だけで実現できたという。

    (Sonali Paul、Nicole Mordant記者)

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below