for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英農場でEU離脱問題の行方占うミニブタレース、初日は残留派勝利

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が23日に迫る中、世論調査でもブックメーカー(賭け屋)の予想でもなく、ミニブタをレースで競わせて投票結果を占うというデボン州の農家が話題となっている。

同州にあるペニウェル農場のミニブタは昨年もレースを行い、英総選挙の結果を見事的中させた。今回は「残留派」と「離脱派」のどちらに軍配が上がるかを予言するという。

残留派からは、残留キャンペーンを推進するキャメロン首相の名をもじった「デービッド・ハメロン」ら2匹が出走。離脱派からは、離脱支持派のボリス・ジョンソン前ロンドン市長にちなんだ名前の「ボア・イズ・ジョンソン」ら2匹が出走する。

初日となった13日、辺りは濃い霧に包まれたが、農場主は「今の状況にぴったりの天気だ。うちのミニブタは先が読めない霧の中でも道を見つけ出すだろう」と語った。結果は「残留派」ハメロンらが上位、「離脱派」ジョンソンは最下位と、明暗が別れた。

レースは投票日まで毎日開催するという。

*写真キャプションを修正して再送しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up