October 8, 2019 / 10:51 PM / 9 days ago

米ミネアポリス連銀総裁、利下げ「一般的に支持」 程度は不明

 10月8日、米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁(写真)は、米中などの貿易戦争による米経済への影響について、予測しづらいとの認識を示した。3月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[8日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は8日、金利引き下げを「一般的に支持」しているが、「どの程度引き下げるべきかは分からない」と述べた。

米中などの貿易戦争による米経済への影響を予測しづらいことなどが問題だとした。

ミネソタ州セントクラウドで行われたタウンホールで、貿易戦争は関税だけでなく、企業や家計の懸念をあおり支出を抑制することでも、景気を減速させる可能性があるため、その影響を判断することは「ほぼ不可能」と指摘した。その上で、米連邦準備理事会(FRB)は影響のモデル化に努めていると述べた。

カシュカリ総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

FRBは9月のFOMCでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、1.75─2.00%としたが、投票権者10人のうち3人が反対票を投じた。2人が利下げに反対した一方、セントルイス地区連銀のブラード総裁は50bpの利下げを主張した。[nL3N2693NC]

投票権を持たない7人の中でも少なくとも2人が25bp利下げに反対し、その1人であるカシュカリ氏はブラード氏と同様の立場を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below