June 1, 2020 / 8:09 PM / a month ago

訂正:米議員、黒人暴行死受け警官の法的保護取り消す法案提出へ

米中西部ミネソタ州で黒人男性が白人警官に首を圧迫され死亡した事件に対する抗議活動が全国に拡大する中、議会では警官による違法な行為を訴えられるようにする法令が週内にも提出される見通しとなった。写真はミネアポリスで死亡した黒人男性を追悼する人たち(2019年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米中西部ミネソタ州で黒人男性が白人警官に首を圧迫され死亡した事件に対する抗議活動が全国に拡大する中、議会では警官による違法な行為を訴えられるようにする法令が週内にも提出される見通しとなった。

一連の抗議活動の発端になったのは、ミネソタ州のミネアポリス近郊で5月25日、白人警官が黒人のジョージ・フロイドさんを逮捕する際に膝で首を地面に押し付け、フロイドさんがその後死亡した事件。

ジャスティン・アマシュ下院議員(ミシガン州選出・リバタリアン党:訂正)は、警察官に対する民事訴訟を可能にする「資格による免責を終わらせる法案」を策定。ミネアポリス民主党から1日、支持を得た。

アマシュ議員は他の議員に宛てた5月31日付の書簡で「フロイドさんに対する残酷な殺人は、警察官による一連の甚だしい不正行為の一例にすぎない」とし、「警察官が法的、政治的、文化的に保護されているためにこのような事件が後を絶たない。こうした状況を変える必要がある」とした。アマシュ議員は同法案を4日に提出したい考え。

民主党は上院と下院の双方でフロイドさん死亡事件を巡る多くの法案を提出。共和党もこの事件を非難しているが、トランプ大統領の姿勢に対する批判はおおむね出ていない。

*英文の訂正により、第3段落のアマシュ議員の肩書を「無所属」から「リバタリアン党」に訂正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below