for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=ハミルトン、米の黒人死亡事件に沈黙するドライバーを批判

 自動車レースF1、メルセデスのルイス・ハミルトン(写真)は、米国で黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡したことについて、ドライバーたちが沈黙を続けていることを批判した。メルボルンで3月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[ロンドン 1日 ロイター] - 自動車レースF1のルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)は、米国で黒人のジョージ・フロイドさんが逮捕される際に白人警官に首を圧迫されて死亡した事件について、ドライバーたちが沈黙を続けていることを批判した。

F1史上初の黒人世界王者であるハミルトンは5月31日、自身のインスタグラムで「正義が踏みにじられたにもかかわらず、最大のスターたちは沈黙を守っている」とコメント。

「白人が大半を占めるF1で声を上げる人はひとりもいない。有色人種である私はひとりで立っている」と投稿した。また、暴動を行う者には賛同していないとも述べた。

これを受けてメルセデスは「多様性は豊かさをもたらしてくれている」とリツイートし、ハミルトンの考えを支持。ダニエル・リカルド(オーストラリア、ルノー)もインスタグラムで「人種差別には暴力や沈黙ではなく、団結と行動で対処しなければならない」と主張している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up