for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

暴行死の黒人男性、故郷で葬儀 バイデン氏は差別問題の直視訴え

 6月9日、白人警官に逮捕される際に暴行を受けて先月死亡した黒人男性ジョージ・フロイドさんの葬儀が、故郷テキサス州ヒューストンの教会で行われ、遺族や友人をはじめ約500人が参列した。(2020年 ロイター/Adrees Latif)

[ヒューストン 9日 ロイター] - 白人警官に逮捕される際に暴行を受けて先月死亡した黒人男性ジョージ・フロイドさんの葬儀が9日、故郷テキサス州ヒューストンの教会で行われ、遺族や友人をはじめ約500人が参列した。

46歳でこの世を去った「やさしい巨漢」フロイドさんは今や、正義を求めて根深い人種差別と戦う人々の象徴となった。

フロイドさんが白人警官に8分46秒にわたって膝で首を押さえ込まれ、「息ができない」と訴えた様子を収めた動画は世界中に衝撃を与え、各地で抗議デモが起きている。

フロイドさんのめい、ブルーク・ウィリアムズさんは「私は息ができる。私が息をしている限り、正義が世の中に行き渡るでしょう」と弔辞を読み上げ、拍手を受けた。おばのキャスリーン・マギーさんは「われわれ家族、特にジョージに対してこれほどのことをしてもらい、全世界に感謝したい」と話した。

有名な黒人指導者アル・シャープトン氏はフロイドさんの死について「これは悲劇ではなく犯罪だった」と怒りを表し、こうした黒人の命を奪った代償を誰かが支払うまで、フロイドさんのような人たちは浮かばれないと強調した。

事件の反響の大きさを反映し、葬儀は米国の主要テレビ局全てが生放送し、ニューヨーク証券取引所では8分46秒間の黙祷が捧げられ、そのもようをCNBCテレビが音声なしで伝えた。

葬儀には野党・民主党の大統領候補指名を確定させたバイデン前副大統領もビデオでメッセージを寄せ、あまりにも多くの黒人が普通の生活を送っているだけで命を落としかねないという現実に「われわれは目を背けてはならない」と述べ、人種差別に社会がしっかりと向き合うべきだと主張した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up