for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=マンUのラッシュフォード、米の黒人死亡事件に心痛

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォード(写真)は、米国で黒人男性が逮捕される際に白人警官から首を圧迫されて死亡した事件に心を痛めていることを明かした。ロンドンで1月撮影(2020年 ロイター/Toby Melville)

[ 2日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のFWマーカス・ラッシュフォードは、米国で黒人男性のジョージ・フロイドさんが逮捕される際に白人警官から首を圧迫されて死亡した事件について心を痛めていることを明かした。

この事件は5月25日、米ミネソタ州ミネアポリスで発生。これを受けて全米各地で暴動が起きており、夜間の外出禁止令が出ている地域もある。また、ロンドンでは5月31日に抗議デモが行われた。

ラッシュフォードはインスタグラムに「ここ数日、世界で起きていることについて考えていた」と投稿。「これまで人々の団結を呼び掛けてきたが、われわれはかつてないほど分断してしまっているように見える」と述べた。

さらに同選手は「黒人の命、黒人の文化、黒人のコミュニティーは大事だ」とつづり、理解を求めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up