for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンにちなみ改名

米ワシントンDCのバウザー市長は5日、ホワイトハウス前の通りを「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)広場」に改名。通りには黄色の塗料で車道いっぱいにスローガンが描かれた。写真は6月5日、ワシントンで撮影(2020年 ロイター/Khalid Naji-Allah Executive Office of the Mayor/Handout via REUTERS)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米国の首都ワシントンDC(コロンビア特別区)のバウザー市長は5日、全米に拡大している黒人暴行死への抗議デモで掲げられているスローガンにちなんでホワイトハウス前の通りを「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)広場」に改名した。通りには黄色の塗料で車道いっぱいにスローガンが描かれた。

白人警官による黒人男性暴行死に対する抗議デモの対応を巡り、軍投入も辞さないとするトランプ大統領への非難とみられる。

今週初めにはトランプ大統領が警官隊らにデモ隊を強制排除させ、ホワイトハウスのそばにある教会で「記念撮影」をしたとして非難が高まっていた。

デモが激化する中、国防総省は首都圏に陸軍兵士約1600人を配置。バウザー市長は前日、地元以外の軍部隊に対して市外への退去を要請していた。

米高官によると、エスパー国防長官の決定の下、国防総省はワシントンに派遣した兵士900人を所属基地に帰還させる見通し。前日には約700人の兵士に帰還命令が出されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up