August 6, 2018 / 3:38 AM / 15 days ago

北米映画興行収入=T・クルーズ主演「M:I」第6作の首位続く

[ロサンゼルス 5日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、米俳優トム・クルーズが主演するスパイ映画シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が3500万ドル(約38億9200万円)を稼ぎ、先週に続き首位となった。

 8月5日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、米俳優トム・クルーズが主演するスパイ映画シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が3500万ドル(約38億9200万円)を稼ぎ、先週に続き首位となった。写真は先月22日撮影(2018年 ロイター/Mike Theiler)

公開2週目で、北米での興行収入は合計1億2400万ドル。海外では2億0500万ドルを超えた。中国での公開は8月31日に予定されている。

2位はディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化した「プーと大人になった僕」(日本公開9月14日)。初登場で2500万ドルを稼いだが、予想の下限に近かった。

同作は、大人になったクリストファー・ロビンをユアン・マクレガーが演じ、ロンドンでプーやその仲間たちと再会する姿が描かれる。

3位も初登場映画で、ライオンゲートのR指定コメディ「The Spy Who Dumped Me(原題)」。1230万ドルを稼いだ。

ミラ・クニスとケイト・マッキノンのダブル主演映画で、監督はスサンナ・フォーゲル。

4位はユニバーサルの「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(同8月24日)で900万ドル。公開3週目で北米での累計は9100万ドルに達した。

2008年に公開され世界中で大ヒットしたミュージカル映画の続編で、前作に続きスウェーデンのポップグループABBA(アバ)の曲で構成されている。

5位はデンゼル・ワシントン主演のスリラー「イコライザー2」(同10月5日)で、870万ドルを稼いだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below