September 24, 2019 / 9:08 AM / 2 months ago

三菱UFJ証HDがアジア拠点で人員半減、あすにも判断=関係筋

 9月24日、三菱UFJ証券ホールディングス(HD)が、日本を除くアジア太平洋地域の証券業務を縮小する方向で最終調整に入った。写真は都内で2009年2月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 24日 ロイター] - 三菱UFJ証券ホールディングス(HD)が、日本を除くアジア太平洋地域の証券業務を縮小する方向で最終調整に入った。複数の関係筋が明らかにした。香港やシンガポールなどの人員半減を柱とする見直し案をあすにも決定し、不採算部門の業績底入れを図る。

対象となるのは香港やシンガポール、シドニーの3拠点。セールスやトレーディング部門を中心に、全従業員約180人を100人以下とする案が有力で、三菱UFJ証券HDが近く経営会議を開き、正式に決める見通しだ。三菱UFJ証券HDは「競争力強化の観点から合理化や効率化を幅広く検討しているが、現時点で決まった事実はない」(広報部)としている。

三菱UFJ証券HDの2019年4―6月期連結決算は、純利益が7億5300万円と、前年同期比91%減にとどまった。不採算部門のコスト抑制を急ぐ一方、主力のデット・キャピタル・マーケット(DCM)部門では、現体制を維持する。

梅川崇、山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below