May 8, 2018 / 9:32 AM / 6 months ago

三菱商が2期連続で最高益へ、CFO「相場下げても耐性十分」

[東京 8日 ロイター] - 三菱商事(8058.T)は8日、2019年3月期(国際会計基準)の純利益は前年比7.1%増の6000億円を見込んでいると発表した。金属部門は市況下落が足を引っ張るが、前期に廃坑費用などを計上したエネルギー部門は大幅な反動増を見込んでおり、2期連続で最高益を更新する見通しだ。

会社予想はトムソン・ロイターが調べたアナリスト9人の予測平均値5681億円を上回った。

会見した増一行・最高財務責任者(CFO)は資源価格が経営に与える影響について、コスト削減を進めた結果「以前よりもコストが下がっており、相場が今より下がっても耐性は十分ある」と指摘。「減損処理で簿価も下げており、かなり相場に対する下方抵抗力がついている」と述べ、先行きに自信を示した。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below