Reuters logo
三菱重、火力不振で今期営業益1800億円に減額
2017年10月31日 / 11:22 / 22日後

三菱重、火力不振で今期営業益1800億円に減額

[東京 31日 ロイター] - 三菱重工業(7011.T)は31日、2018年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益予想は従来の2300億円から1800億円に500億円引き下げた。

 10月31日、三菱重工業は、2018年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益予想は従来の2300億円から1800億円に500億円引き下げた。写真は三菱重工のロゴ、6月千葉で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

火力発電設備事業での2つの大型案件の受注が来期以降にずれ込むため。

トムソン・ロイターが算出したアナリスト12人の営業利益の予測平均値は2227億円で、修正後の数値は市場予想を下回った。

会見した小口正範常務は、ガスタービンなど火力発電設備を含むパワードメイン部門で「合計すると3000億円を超える案件が今年度から来年度以降にずれ込む」と説明し、「プロジェクト実施の可能性はなくなっていない。(計上の)時期がずれただけ」と強調した。同部門の営業利益を従来の1450億円から1000億円に下方修正した。

同部門の受注高も1兆4500億円と従来から5000億円引き下げた。小口常務は、昨今の火力発電市場の「低調も反映した」といい、受注高を下げざるを得なかったことに失望感を示した。火力発電は「中長期的には市場としては復活する」との見方を示しつつ、「厳しい状況が続く」とも語った。

火力発電事業は、日立製作所(6501.T)と14年に設立した「三菱日立パワーシステムズ(MHPS)」が手がけ、20年度までに年間売上高2兆円を目指しているが、足元は当初計画を下回る。小口常務は「2兆円のレベルは現実的ではない。どこまで低めに見ていくかがこれからの議論」と話し、「少なくとも(2兆円は)中期的にないという前提の中で生産体制の見直しや組織体制のコンパクト化」を進めることも必要だとし、計画修正を検討する考えを示した。

今期の売上高予想は従来の4兆1500億円から4兆0500億円に、純利益予想も1000億円から800億円にそれぞれ引き下げた。

白木真紀

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below