for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自、水島製作所に80億円投資 日産と共同開発の新型軽EV生産で

 7月28日、三菱自動車は、軽自動車の新型電気自動車(新型軽EV)の生産に向けて水島製作所(岡山県倉敷市)に総額約80億円を投資すると発表した。写真は都内で昨年10月撮影(2020年 ロイター/SOE ZEYA TUN)

[東京 28日 ロイター] - 三菱自動車7211.Tは28日、軽自動車の新型電気自動車(新型軽EV)の生産に向けて水島製作所(岡山県倉敷市)に総額約80億円を投資すると発表した。新型軽EVはアライアンス(連合)を組む日産自動車7201.Tとの共同開発を検討しており、必要な設備投資を実施する。日産も投資額の一部を負担し、岡山県の補助金も活用する。

今回の設備投資では、新たに採用する駆動用バッテリーの組み立て・検査の設備新設のほか、駆動用バッテリーケース内製化に伴うプレス・溶接組み立て・塗装設備やEVプラットフォーム生産ラインの増設などを行う計画。

白木真紀

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up