December 17, 2018 / 2:02 AM / 6 months ago

三菱自がきょう取締役会を開催、報酬委員会設置へ=関係筋

 12月17日、三菱自動車が取締役会を開く。同取締役会では報酬委員会の設置を決める方針だ。写真は同社ロゴ。東京で昨年5月に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 三菱自動車(7211.T)が17日に取締役会を開く。同社は12月中にカルロス・ゴーン前会長に関する内部調査の結果を公表する予定だったが、同日の取締役会までに調査結果が間に合わず、同取締役会では報酬委員会の設置を決める方針だ。関係筋が明らかにした。

日産自動車(7201.T)も同日、取締役会を開く。ゴーン前会長の権限集中を許してきた企業統治体制を改革する委員会の設置を決める予定。当初はゴーン氏の後任会長を決めるはずだったが、人事は先送りされる見通し。日産の筆頭株主で企業連合を組む仏自動車大手ルノー(RENA.PA)との調整がうまくいかず、企業統治体制見直しを優先する。

ゴーン氏は日産と三菱自両社の前会長だったが、日産の有価証券報告書に2010年度から14年度までの報酬を虚偽記載したとして金融商品取引法違反の容疑で11月19日に逮捕され、両社の会長職を解任された。東京地検特捜部は今月10日、ゴーン容疑者を同法違反の罪で起訴。15年度から17年度の報酬についても同容疑で再逮捕した。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below