October 15, 2014 / 2:12 AM / 5 years ago

三菱重工などが手掛けるトルコ原発、2023年稼働予定=幹部

 10月14日、三菱重工業の首脳は、同社と伊藤忠、仏GDFスエズがトルコで建設する原子力発電所について、2023年までに稼働を開始するとの見通しを明らかにした。三菱重のロゴマーク。2012年12月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[パリ 14日 ロイター] - 三菱重工業(7011.T)の首脳は14日、同社と伊藤忠(8001.T)、仏GDFスエズGSZ.PAがトルコで建設する原子力発電所について、2023年までに稼働を開始するとの見通しを明らかにした。

3社は黒海沿岸のシノップに4800メガワットの原子力発電所を建設する。投資額は220億ドル。

宮永俊一社長兼最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、計画に支障はなく、日トルコ両政府の全面的な支援を得ていると述べた。

三菱重工の執行役員でエネルギー・環境ドメイン副ドメイン長の大仲輝昌氏は、両国首相が昨年署名した原発に関する合意について、トルコ議会が今月か来月に批准すると述べた。

その後、1年半ほど予備調査などを行い、建設着手は2017─18年、稼働開始は2023年になるとの見通しを示した。

大仲氏はトルコ側が約半分を出資し、三菱重工と伊藤忠、GDFスエズが残りを負担する予定だが、何も決まっていないと説明。仏原子力大手アレバが出資する計画はないと言明した。

また、トルコで建設する中型の原子炉をベトナムとブラジルにも輸出したいと期待を示し、ベトナムでは年内にも最終決定が下される見込みだと語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below