May 15, 2019 / 10:42 AM / 10 days ago

三井住友FGの20年3月期当期利益予想は‐3.7% 貸倒引当金増見込む

[東京 15日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)が15日発表した2020年3月期当期利益予想は前年同期比3.7%減の7000億円となった。与信関係費用の増加を見込んで減益を予想する。

20年3月期の業務純益は、同1.0%減の1兆1800億円の計画。前期に実施したグループ再編の影響を除けば実質増益になるとした。与信関係費用は、前期の1103億円から2000億円に拡大する計画とした。

会見した太田純社長は業績見通しについて「決して保守的にはみていない。(19年3月期)下期の悪い収益環境を引き継いでおり、経営環境は厳しい」と語った。

与信費用の見通しについては、巡航速度でグループ全体の与信コストを2000億円程度と想定しているとし、これまでは戻り益が発生していたため低位で安定したと説明。「(その状態は)いつまで続くかは想定できない」と語った。

布施太郎 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below