Reuters logo
三越伊勢丹や日本空港ビル、市中で空港型免税店を展開へ
July 31, 2014 / 5:27 AM / in 3 years

三越伊勢丹や日本空港ビル、市中で空港型免税店を展開へ

[東京 31日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス (3099.T)は31日、日本空港ビルデング (9706.T)、成田国際空港の100%子会社で免税店を運営するNAAリテイリング(千葉県成田市)の3社で合弁会社を設立すると発表した。

従来の空港における免税店に加え、市中でも、消費税だけではなく、輸入関税や酒・たばこ税なども免除する「空港型免税店」を展開する。増加する訪日外国人などの利便性向上を図る。

空港型免税店が市中にできるのは、沖縄を除いて初めて。

訪日外国人や海外に出る日本人がパスポートなどを提示して購入した商品は、空港内で受け取ることになる。日本空港ビルの鷹城勲社長は「空港内の免税店では、限られた短い時間で買い物をしなければならないし、十分なスペースが取れない。市中に出すことで、ショッピングの楽しみを味わうことができる」と述べた。

日本の空港型免税店は空港会社が運営しているため、これまでは、市中での展開を意識してこなかったという。しかし、国が政策として観光客の誘致に取り組んでいることもあり、異業種が組む、今回の取り組みの合意に至った。

合弁会社は9月に設立予定。資本金は1000万円で、出資比率は、日本空港ビルが45%、三越伊勢丹が27.5%、NAAリテイリングが27.5%。

    15年秋にも三越銀座店8階の1フロア(売り場面積約3300平方メートル)に出店する。大西洋・三越伊勢丹HD社長は会見で「日本の良い物、訪日外国人に本当に買ってほしいと誇りを持って言える品揃えと店づくりをしたい」と述べた。

    初年度の売上高は100億円を目指す。2号店の展開は未定。

    *内容を追加して再送します。

    清水律子

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below