January 31, 2019 / 8:41 AM / 3 months ago

みずほFGの4―12月期当期利益は前年比13.8%減、市場部門が苦戦

[東京 31日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ(8411.T)が31日発表した2018年4―12月期連結当期利益は、前年同期比13.8%減の4099億円となった。通期予想5700億円に対する進捗率は71%。前年不振だった顧客向けビジネスは回復してきているが、市場部門が苦戦している。

グループの連結粗利益は、前年同期比ほぼ横ばいの1兆4643億円、連結業務純益は同11.2%増の3868億円となった。

みずほ銀行とみずほ信託銀行合算の顧客部門収益は同9.2%増の8778億円。貸出金収益は減少が続いているが、決済、外為関連手数料が伸びた。市場部門の収益は、35%減の1539億円にとどまった。金利低下などで債券関係ビジネスが不振だった。

与信関係費用は前年同期より1634億円悪化したが、戻入益として60億円を計上。一方、株式等関係損益はETF運用なども入れると、同271億円マイナスの1629億円の利益となった。

布施太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below