March 7, 2019 / 12:14 AM / 12 days ago

みずほ株は売り先行、19年3月期に6800億円の損失計上

FILE PHOTO: Mizuho Financial Group logo is seen at the company's headquarters in Tokyo, Japan August 20, 2018.REUTERS/Toru Hanai

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場では、みずほフィナンシャルグループ(8411.T)が売り先行。6日、固定資産の減損などで合計約6800億円の損失を2019年3月期決算に計上すると発表したことが嫌気されている。当期利益予想を従来の5700億円から800億円(前年比86.1%減)に大幅下方修正した。

損失は、固定資産の減損と市場部門での損失に分かれる。固定資産の減損は合計約5000億円で、統廃合予定の店舗に関して約400億円、システムのソフトウエアで約4600億円。ソフトウエアはリテール部門に帰属し、リテール部門の収益見通しを見直す過程で減損処理が必要と判断した。

価格下落リスクが指摘されているローン担保証券(CLO)については「AAA格の非常に安定したものしか保有していない。現段階で含み損は抱えていない」(みずほFG幹部)としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below