October 24, 2018 / 11:22 PM / a month ago

米株急落、ダウは年初来マイナスに転落:識者はこうみる

[東京 25日 ロイター] - 24日の米国株式市場では、ダウ平均株価が600ドル超値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合も300ポイント超の大幅な下げを記録。ダウとS&P総合500種は年初来でマイナスに転落sした。

 10月24日、米国株式市場では、ダウ平均株価が600ドル超値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合も300ポイント超の大幅な下げを記録した。(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

市場関係者の見方は以下のとおり。

<ハバーフォード・トラストの共同最高投資責任者、ハンク・スミス氏>

調整プロセスの一環という以外、具体的には説明できない。ナスダックは2年ぶりに調整局面入りした。S&Pとダウは調整水準が迫っている。もちろん内訳をみると、S&P500指数ではすでに調整された銘柄が過半数を占め、一部は弱気相場となっている。特に景気循環株、素材株、一部の工業株にその傾向が強い。

ただ、これが景気後退に向けた相場だとは思わない。経済指標をみれば、今後12カ月での景気後退リスクは引き続き低水準だ。

われわれはこれを買いの好機とみており、難平(ナンピン)買いをしている顧客には動きを加速させるようアドバイスしている。

<インディペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザッカレリ氏>

現時点では売りが売りを呼んでいるもよう。投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数).VIXはここ数週間で2倍に上昇した。売りが続く中で不安や恐怖感が強まったようだ。

株価の底打ちの時期を探るなら、VIX指数が急上昇するときになる。同指数は2月には37まで上昇していた。現時点での底打ち時期の予想は難しい。

現在は引き続き調整局面にある。市場には弱気と不安が漂うが、個人的には公益株や生活必需品株にシフトする用意はない。経済は依然としてかなり強固に見える。

<チェース・インベストメント・カウンセルのピーター・タズ社長>

第3・四半期決算はこれまでのところ問題ない。75─80%の企業が利益予想を上回っている。しかし、あらゆるセクターで複数の企業が第4・四半期と2019年について、関税や中国での弱さなどさまざまな要因を理由にネガティブな見通しを示している。その中には建設機械大手のキャタピラーや半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が含まれており、特にTIは需要の大幅な鈍化を予想した。

これらの企業の見通しが投資手控えにつながった。こうした状況が雪だるま式に重なれば、底を打つまで収まらない。そして、今が底なのかはまだ分からない。

<オークブルック・インベストメンツの最高投資責任者(CIO)、ピーター・ジャンコブスキス氏>

キャタピラーや3Mなど決算を発表した工業株は、引き続き投資家心理を圧迫している。米連邦準備理事会(FRB)が今後も利上げを継続することを示しており、コスト高は利益に影響を及ぼす。

株式市場は今年、1月の大幅高で堅調なスタートを切ったが、その上げは帳消しになり、さらに下げている。引き続き注視すべきことは、経済は依然底堅いということだ。経済は今後も拡大が見込まれる。それを踏まえれば、株価はそのうちに上向くだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below