February 12, 2020 / 12:29 AM / 11 days ago

MLB=エンゼルスGM、大谷の投手復帰は「5月中旬が目標」

 MLBエンゼルスのビリー・エプラーGMは11日、投手としての復帰を目指す「二刀流」の大谷翔平投手の起用法に関し、「マウンドに戻るのは5月中旬を目標にしている」と語った。米カリフォルニア州ロサンゼルスで2019年11月撮影(2020年 ロイター/Gary A. Vasquez-USA TODAY Sports)

[11日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)エンゼルスのビリー・エプラーGMは11日、投手としての復帰を目指す「二刀流」の大谷翔平投手の起用法に関し、「マウンドに戻るのは5月中旬を目標にしている」と語った。

大谷は2年前の10月1日に右肘の靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。昨年は打者に専念していたが、9月に左膝蓋骨の修復手術を受けたため、トミー・ジョン手術のリハビリも遅れ、昨年12月までに終えることができなかった。

エプラーGMは「マウンドに戻るのは5月中旬を目標にしている。われわれは彼がシーズンのスタートからDH(指名打者)としてプレーすることを期待している」とコメント。また、「新規則により、負傷者(IL)リストに入れずにリハビリ登板させられるので、打者として起用できる状態を保てる」と話した。

また、ジョー・マドン監督は大谷について「世代を超えた才能を持っているので、彼の復帰には気を配り、我慢することが必要だ。私はキャリアの中で育成を担ってきたので、ケガから復帰しようとする彼のようなメジャーリーグの才能を成長させようとするときは、我慢が非常に重要」と語り、復帰は慎重に進めていく考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below