December 7, 2018 / 1:45 AM / 11 days ago

MLB=インディアンス、カラスコ投手と契約延長

 12月6日、米大リーグ(MLB)のインディアンスは、右腕カルロス・カラスコ投手との契約を2022年まで延長したことを発表した。カンザスシティで9月撮影(2018年 ロイター/Peter G. Aiken/USA TODAY Sports)

[6日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)のインディアンスは6日、右腕カルロス・カラスコ投手(31)との契約を2022年まで延長したことを発表した。23年にクラブ側のオプションが付帯。

カラスコは「インディアンスの一員でいることは素晴らしい。ここで自分のキャリアを終えたい。私にも、家族にとっても特別なことだ」と述べた。

カラスコは2009年のメジャーデビューからインディアンスでプレー。11年に靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けて12年は全休、14年には低侵襲心臓手術を受けたが翌年に20年までの契約延長で合意していた。

15年以降は防御率3.40をマーク。この4シーズンの間ではアメリカン・リーグ(ア・リーグ)先発投手で6位の成績で、1シーズンで平均180回を投げ、29試合で先発した。今季は17勝10敗、防御率3.38を記録し、奪三振を与四球で割った数値はキャリア最高の5.37K/BBだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below