January 30, 2018 / 5:25 AM / 4 months ago

MLB=インディアンスがロゴ廃止へ、不適切との批判受け

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)のインディアンスは29日、先住民族を模したロゴを2019年シーズンより廃止すると発表した。

 1月29日、MLBのインディアンスは、先住民族を模したロゴを2019年シーズンより廃止すると発表した。写真はメッセージ入りのロゴを掲げるファン。クリーブランドで2017年9月撮影(2018年 ロイター/David Richard-USA TODAY Sports)

MLBとインディアンスの声明によると、このロゴは1947年から使用。ネイティブアメリカンの姿を戯画化したものだとして、廃止を求める運動が続けられてきた。

インディアンスのオーナー、ポール・ドーラン氏は今回の決定について、「ロゴに長年の愛着を持つファンが多数いるのは理解しているが、コミッショナーの希望に同意した」と述べた。チームは今まで通り大文字の「C」をシンボルとして使うとし、「インディアンス」の愛称を変更する予定はないという。

ミネアポリスに本拠を置くアメリカン・インディアン・ムーブメント(AIM)共同創設者でチペワ族の一員であるクライド・ベルコート氏(81)はこの決定に対し、「長年廃止を求めてきた。そろそろ潮時だ」とコメントした。

インディアンス以外にもMLBではブレーブス、北米アイスホッケーリーグ(NHL)ではブラックホークス、米ナショナルフットボールリーグ(NFL)ではレッドスキンズとチーフスが同様の批判を受けてきている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below