April 3, 2019 / 3:34 AM / 3 months ago

MLB=直接契約可能なキューバ選手発表、元中日マルティネスも

 4月2日、キューバ野球連盟(FCB)は亡命せずにMLBの球団と直接契約可能な同国選手の最初のリスト34人を発表。写真は亡命して大リーガーとなったレッズのヤシエル・プイグ外野手。米オハイオ州シンシナティで3月撮影(2019年 ロイター/Aaron Doster-USA TODAY Sports)

[ハバナ 2日 ロイター] - キューバ野球連盟(FCB)は2日、亡命せずに米大リーグ(MLB)の球団と直接的に契約可能な同国選手の最初のリスト34人を発表。そのなかにはプロ野球の中日でプレーしたライデル・マルティネス投手も含まれている。

MLBとFCBは昨年12月、キューバ人選手が船で亡命の危険を冒すことを抑制するため、直接契約を許可する歴史的合意に達していた。

今回対象となるのは17歳から25歳までの選手で、実績のある有名選手は含まれていなかった。FCBは、25歳以上で実績のある選手のリストは7月に発表するとしている。

現在、MLBでスタープレーヤーとして活躍しているレッズのヤシエル・プイグ外野手、メッツのヨエニス・セスペデス外野手、ホワイトソックスのホセ・アブレイユ内野手らは亡命者。2014年以降、350人以上のキューバ選手が亡命している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below