April 11, 2019 / 4:20 AM / 10 days ago

MLB=菊池メジャー初勝利ならず、ダルビッシュと前田は黒星

 4月10日、米大リーグ(MLB)は各地で試合を行い、マリナーズの菊池雄星投手(写真)は6回3失点で勝ち投手の権利を得て降板したが、前回同様に救援陣がリードを守り切れずメジャー初白星はならなかった(2019年 ロイター/Jay Biggerstaff-USA TODAY Sports)

[10日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は10日、各地で試合を行い、マリナーズの菊池雄星投手は6回3失点で勝ち投手の権利を得て降板したが、前回同様に救援陣が崩れてメジャー初白星はならなかった。

メジャー4試合目の先発だった菊池は3回までに2本のソロアーチを浴びるなど合計3失点。しかし4回に味方が2点を勝ち越すとその後は得点を許さず、6回を5安打、1四球、3奪三振、3失点でマウンドを降りた。

ところがマリナーズは7回にリリーフ陣が乱れて同点とされ、この時点で菊池の白星は消滅した。マリナーズは9回に再び勝ち越し、6─5で勝利した。

カブスのダルビッシュ有投手はパイレーツ戦に先発。しかし2ホーマーを浴びるなど6回途中5失点(自責点は4)で2敗目(0勝)を喫した。ドジャースの前田健太投手もカージナルス戦に先発したが、6回途中5失点で今季初黒星(2勝1敗)が付いている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below