April 13, 2018 / 2:58 AM / 5 months ago

MLB=ケリーとオースティン、乱闘騒ぎで出場停止処分

[12日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)、レッドソックスのジョー・ケリー投手とヤンキースのタイラー・オースティン内野手が11日に行われた試合で乱闘騒ぎを起こし、出場停止処分を科された。

 4月12日、米大リーグ(MLB)、レッドソックスのジョー・ケリー投手(左)とヤンキースのタイラー・オースティン内野手(右)が11日に行われた試合で乱闘騒ぎを起こし、出場停止処分を科された。11日撮影(2018年 ロイター/Winslow Townson-USA TODAY Sports)

ことの発端は7回、デッドボールが当たったことでオースティンがバットを地面に叩きつけ激怒。ケリーが挑発する仕草を見せ、そのまま両選手は殴り合いに。両チームの選手、スタッフ総出で止めに入る始末となった。

同試合での3回、出塁したオースティンが二塁にスライディングした際に、同塁を守っていたレッドソックスのブロック・ホルト遊撃手の足を蹴り、小競り合いが起きていた。7回の騒動はこれが原因ではないかとみられている。

挑発したケリーには6試合、オースティンには5試合の出場停止処分と罰金が科された。また、レッドソックス監督、ヤンキース三塁コーチを含む数名も罰金処分となった。故障者リスト(DL)入りしていたにもかかわらずマウンドに侵入したとして、ヤンキースのCC・サバシア投手、レッドソックスのザンダー・ボガーツ内野手らも罰金が科された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below